風邪のひきはじめに『生姜湯』

スポンサーリンク
生姜湯

生姜湯(ショウガ湯)は、風邪のひきはじめにお勧めの民間療法です。

民間療法では、風邪の引き始めの時やのどが痛むときに飲むと、のどの痛みを楽にしてくれると言われています。

生姜湯の作り方

生姜湯のつくり方

  1. 生姜(しょうが)をすりおろし、杯1~2杯分の生姜汁を作り(しぼってもOK)、湯呑やティーカップなどに入れ、熱湯を注ぎ入れます。
  2. 蜂蜜または砂糖(あれば黒砂糖)を加え、よく混ぜて温かいうちに飲みます。
    生姜の量は好みで増減させてください。

本葛粉(小さじ1)を入れると、とろみがついておいしいです。
葛粉には、体を温めたり血行をよくするなどの薬効を持つといわれ、古くから民間治療薬として使われてきました。


オーサワジャパン 国産 吉野本葛 150g

生姜も葛(くず)も、漢方の風邪薬「葛根湯」に処方されています。

ただ最近の葛粉の中には、ジャガイモのでんぷんが混ざっているものが多いそうなので(ジャガイモには身体を冷す作用があるそうです)、身体を温めるために飲むのなら、ぜひ本葛で!

 

生姜湯は冷え性対策にも!


無農薬しょうが 100g

冷え性対策にも生姜湯(ショウガ湯)は、人気ですね。
夏場、冷房で身体が冷えてしまったときなどにおすすめです。

おろし生姜は、皮ごとすりおろした方が栄養があるので、ぜひ無農薬栽培のものを!

 

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

ビワの葉

ビワの葉エキスの作り方

ビワの葉療法(琵琶の葉療法)は、釈迦の時代に起源を持つとされ、最も古い民間療法のひとつといわれています。 葉は乾燥させてビワ茶にしたり、直…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る