歯痛対策にアロエ汁

スポンサーリンク
アロエ

アロエには抗炎症作用があるので、歯痛対策にも用いられてきました。

民間療法で使用できるアロエは4種類ありますが、キダチアロエとアロエベラが一般家庭向けです。

キダチアロエとアロエベラについてはこちら

歯痛にアロエを使用する方法

歯痛にアロエを使用する方

Freepikによるデザイン

アロエ汁を痛む歯の歯茎に塗る。

または、アロエのゼリー部分を痛む歯の歯茎に当てておくと痛みが和らぎます。

歯槽膿漏の場合も、歯茎にアロエ汁を塗ります。

あくまでも夜中などの急な痛みに対する一時的な応急処置なので、あとで歯科医さんにしっかり診てもらい、きちんと治療してもらいましょう。

 

アロエを使用する時の注意


食用アロエベラ3.5kg (送料無料)

アロエは体質によっては、合わないこともあるようなので、アロエの生食には十分気をつけてください。

アロエに含まれる【アロイン】には子宮を収縮させる成分が含まれますので妊娠中・授乳中の方や月経時には使用しないでください。

また、腸の病気の方、痔、小児は使用しないでください。

長期間多量に摂取することにも注意が必要です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

紫蘇

シソ(紫蘇)

後漢の末期、カニの食中毒で死にかけた若者に、名医華佗が薬草で紫の薬を作って飲ませたら回復(蘇った)したので「紫蘇」と呼ばれるようになったとか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る