打ち身・捻挫・肩こり・腰痛などに『ビワの葉湿布』

スポンサーリンク
ビワの葉

ビワの葉湿布で、打ち身や捻挫、腰痛・肩こりなどを楽にしましょう!

ビワの葉エキスを使ったビワの葉湿布の方法です。

ビワの葉エキスのつくり方はこちら

ビワの葉湿布の材料と用意するもの

  • ビワの葉エキス
  • タオル(2枚A・B)
     ・・・幹部に直接貼ったガーゼの上に当てる
  • ガーゼ(脱脂綿でもOK)
     ・・・ビワの葉エキスを染みこませ患部に直接貼る
  • 約60度のお湯
  • 洗面器などの容器

ビワの葉湿布の方法

  1. 洗面器に約60度のお湯を入れ、ビワの葉エキスを大さじ1~2杯入れ、タオルAを浸します。
  2. ガーゼにビワの葉エキスを直接染み込ませて、幹部に貼ります(湿布)。
  3. 1のタオルAを絞り、2の患部に貼ったガーゼ(湿布)の上から当てて蒸します。
    この間2枚目のタオルBを洗面器に浸して温めておきます。
  4. 患部に当てたタオルAが冷えたら、洗面器の中のタオルBと交換して貼ります。
    (タオルAは洗面器に入れて温めておきます。)
    つまり1枚を患部に当てているガーゼを蒸している間、もう1枚のタオルは洗面器で温めます。
  5. これを繰り返します。

湿布の時間は約20分間ほど。
1日2回、朝晩に行うとよいそうです。

 

今すぐビワの葉エキスが必要な方は・・・

ビワの葉エキスを作るためには、2年以上たった葉が必要なのと、エタノール(薬用エタノール)に漬け込んで1週間以上、ホワイトリカーや焼酎に漬け込んだ場合は出来上がるまで3~4ヶ月かかります。

急ぎ必要な方は、楽天ショップで購入することができます。


ビワの葉エキス(200cc)【三栄商会】

国産のビワの葉をエタノール(薬用アルコール)に約6ヶ月漬け込んだ枇杷の葉エキスです。

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

紫蘇

シソ(紫蘇)

後漢の末期、カニの食中毒で死にかけた若者に、名医華佗が薬草で紫の薬を作って飲ませたら回復(蘇った)したので「紫蘇」と呼ばれるようになったとか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る