風邪のひきはじめには『玉子酒」

スポンサーリンク
卵酒

風邪の引きはじめには、玉子酒(たまご酒)がおススメ!!

玉子酒は、卵の栄養(良質な蛋白質のほかカルシウム・ナトリウム・ビタミンなど)と日本酒の血行を良くして身体を温めながら熟睡できる作用とが結びついて、風邪の治りを早めてくれる民間療法です。

出来立ての熱い玉子酒を飲んで身体が芯から温まったところで一気に寝ましょう!

卵は卵黄のみで作る方が、なめらかで濃厚な玉子酒ができますが、卵白に含まれるリゾチームに細菌を殺す作用や身体の免疫力を高める働きがあるということなので、全卵での作り方をご紹介します。

簡単に作れますので、風邪気味でなくてもぜひどうぞ!

玉子酒の材料と作り方

玉子酒の材料

  • 日本酒  200cc
  • 卵   1個
  • 砂糖又は蜂蜜  大さじ2~3(好みの量)

玉子酒の作り方

  1. カップに卵と砂糖又は蜂蜜を入れて良くかき混ぜます。
  2. 1にお燗をした日本酒を少しずつ注ぎ入れながらかき混ぜます。
    一気にお酒を入れると、固まりができてしまいザラザラと口当たりが悪くなるので、少しずつ・・・です。

ショウガの絞り汁(少々)を入れるとショウガ効果で身体が温まりますよ!

 

楽天で見つけた玉子酒!

なんと、玉子酒が楽天ショップにありました。

原材料は清酒(純米酒)、鶏卵、上白糖で、安定剤や乳化剤、食品添加物など使用せず完全無添加なので安心です。

勝山酒造(本舗)の元祖たまご酒
トローリなめらかで美味しいと評判です。

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

ドクダミ

ドクダミの生葉で花粉症対策

ドクダミには、十種の薬の効能があると言われることから『十薬』『重薬』の別名があります。 どくだみの生の葉の使い方は、葉をもんで患部に貼り付…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る