キャベツの葉で熱さまし

スポンサーリンク
キャベツで熱冷まし

キャベツの葉を使って熱を冷ます民間療法です。

※熱が高いときは、病院で診察してもらうことが大事です!

熱が出たとき、氷嚢(ひょうのう)では冷たすぎると感じるときは、キャベツの葉で熱さましをするというものです。

キャベツの葉で熱を冷ます方法

キャベツで熱冷まし

枕の上に、キャベツを2~3枚敷いて(キャベツ枕)、その上に頭を乗せて、額にキャベツを2~3枚乗せます。

キャベツが頭の熱を取ってぬるくなってしんなりしたら、キャベツを取り替えます。

熱が下がるまで、繰り返します。

熱が高くて寒気がひどいときは、冷えすぎていないキャベツを使っています。

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

青梅

梅肉エキス(梅エキス)の作り方

梅肉エキス(梅エキス)は青梅の絞り汁を長時間煮詰めて作った梅の濃縮エキスです。 1kgの青梅を20gにまで濃縮してできており、エキスの中に…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る