軽いやけどには『すりおろしりんご湿布』

スポンサーリンク
りんご

すりおろしりんご湿布軽いやけど対策!!

すりおろしりんご湿布は、りんごの消炎作用を利用した火傷の民間療法ですが、あくまでも軽度のやけどの場合でのみの対処法です。

ひどいやけどや、水ぶくれができたときは、民間療法ではなく、すぐに病院に行って専門の医師に診てもらってください。

やけどをしたら、とにかくすぐに水で冷やす応急処置をします。

 

すりおろしりんご湿布の方法

すりおろしりんご湿布

 

  1. 軽いやけどの場合は、水で冷やした後、すりおろしたりんご(すりおろしたりんごは絞らない)をガーゼに塗り、やけどしたところに当てます。
    りんごの消炎作用で熱と痛みが引いていくそうです。
  2. 患部に当てたりんご湿布が温まってきたら、取り替えます。
    これを2~3回繰り返します。

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

梅干し

梅茶(梅干茶)で風邪予防

風邪予防や風邪のひきはじめに、昔から家庭で飲まれていた梅茶(梅干茶)。 梅干しに含まれるクエン酸は、風邪気味のときや疲れ気味なときなどに効…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る