便秘・胃酸過多などにドクダミの煎じ茶

スポンサーリンク
ドクダミ

ドクダミの煎じたものを内服することで、便秘症、風邪、蓄膿症、耳鳴り、胸の痛み、のぼせ、胃酸過多、高血圧、冷え性、月経症などに効果があると言われています。

ドクダミの乾燥葉は薬局でジュウヤクという名で販売されていますが、庭などに生えていれば自分で摘んで乾燥させて作ることもできます。
ティーパックになって気軽に飲めるようになったものもあります。

どくだみの乾燥葉の作り方

 

ドクダミの煎じ茶の作り方


【丸中製茶】どくだみ茶 500g

  1. ドクダミ乾燥葉約10~15gをお茶パックに詰め水500cc~600㏄を土瓶や耐熱ガラスやホウロウ鍋などに入れ、煮詰めて煎じ薬として1日3回服用します。
  2. 健康茶としてお茶がわりに飲む場合は乾燥葉10gに水1リットルで10分程煮出します。  
    濃すぎたり薄かったら好みで調整してください。

ドクダミの煎じ茶は日持ちしないので、その日飲む分だけを作ります。
ドクダミ使用で気をつけること(副作用)

 

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

梅干し

梅茶(梅干茶)で風邪予防

風邪予防や風邪のひきはじめに、昔から家庭で飲まれていた梅茶(梅干茶)。 梅干しに含まれるクエン酸は、風邪気味のときや疲れ気味なときなどに効…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る